コラム

2015.8.15

  • 2015年8月15日 土曜日

今日は朝から子どもたちを連れて自民党青年局の友人たちと徳島縣護国神社へ参拝して来ました。70年前の今日、昭和天皇の玉音放送により日本国の戦争は終わった。

当時の日本では政治における軍部の力が強かった事は間違いない。また終戦間際の日本軍の作戦は常軌を逸している。

そんな中、当時、立憲君主制の中におられた昭和天皇の存在はどのようなものだったのだろうか?

また終戦にあたり『国体の保持』というフレーズを外す事はできない。

しかしながら我々はこの『国体』という言葉の意味や昭和天皇の事すら教わる事もないまま育ってきた。

『国体』を知らずして戦争を語る事がいかに幼稚かと情けないが最近気付いた。

当時のアジア各国をみても敗戦は連合軍による植民地化を意味していた。そんな中での昭和天皇の御聖断と戦後不当な裁判で戦犯として語られる軍部指導者との想いはどこにあったのか?

ただ一言で終戦と言ってもそこにはいろいろな背景や思惑なしには語れない真実がある。
だからこそ真の平和を目指すのであれば教えなければいけない!

歴史や我が国の形を!
きっと戦争というものは人を人でなくさせる。

当時の日本軍も諸外国での非人道的行為を行なったであろう。

しかしながら、広島、長崎への原爆攻撃、また日本各地への空襲攻撃は非戦闘員への無差別虐殺であり、これも同じように問題視されるべきである。

戦争の話をする時日本では「あやまちを」とよく使うが誰の過ちなのか?よく考えてほしい。

我々、今を生きる日本人か?

それとも当時のすべての日本人か?

僕は自国を守るのが誰か?の答えも見出せない現代の日本において、平和という理想だけを掲げすべての過去を「過ち」だと結論づける様な事は間違っていると心から思う。

そしてなにより本来国を背負うべき政治家ですら世の中の情報や意見に左右されている。

政治家は評論家やニュースキャスター、アーティストとは違う。その平和という理想を形にする為に今、何をするべきか?を示していかなければ行けない。

残念ながらこの星から簡単には戦争はなくならないだろう。

だから戦争を回避する為には一見矛盾している様に思うかも知れないが抑止力を持つ必要がある。

何度も言うが、それがこの星の現状であり、平和という理想だけではダメな残念な状況。

それを我々国民も理解しなければいけないし、戦争=恐怖て思考停止してしまったら、「みんなが幸せならそれ日本なんて無くなっても良い」とか「日本の総理はずっと謝り続けるべき」などと勉強もしないで訳の分からん事を言う人間が現れる。

そしてなにより、未来へとしっかりとした国の形を残していく為には判断を誤っていけない。

20年後、30年後の日本を背負っていく人材を作るべく70年前の戦争と向き合い、そして未来へいかしていく、そんなまともな教育が行われる事を切に願うばかりです。
70年前、300万人を超える日本人と1000万人といわれる各国の戦争の犠牲者に哀悼の意を捧げるとともに、今の日本を作ってくれたすべての先人に感謝と敬意を表します。
  

プロフィール

いのした泰憲

昭和54年7月6日生まれ(35才)。徳島県三好郡東祖谷山村生まれ(現 三好市東祖谷)。実家は建設業。長男の為、跡継ぎとして育つ。10才、8才、0才の三人の子どもの父親。
夢は『世界中の子どもを幸せにすること』。性格は”涙もろい、おじいちゃんっ子”。

お問い合わせはこちらまで

いのした泰憲後援会事務所
〒778-0002 徳島県三好市池田町マチ2186-1
TEL:0883-87-7210(代表)
FAX:0883-87-7211
info@inoshita-h.com

Copyright © 2018 いのした泰憲オフィシャルWEBサイト All Rights Reserved.